カテゴリ:スペイン生活( 19 )

恐竜の足跡とか、最高の日々にバイバイとか

うちの近くに恐竜の足跡が残っている地区があり、お客さんが来たらいつもご案内します。
もう8回ぐらいは行ってるはずだ。
d0202167_05010832.jpg

そう言う事なので、そろそろ私は恐竜の足跡にも飽きてきている。

皆、興奮気味に恐竜の足跡を見たい!!と食い付いてくる割には、本物を見たら結構静かになる。
大したことがないんじゃなくて、ただただ地味な場所にチョンチョンチョンと残ってるだけだから。

草食と思われるデカイのと、肉食だと思われる小さいのとか何種類かあって、本物だとは思います。(めちゃ失礼)
d0202167_05304254.jpg

肉食の足跡

この足跡の丘の向かいに見える山の斜面に色んな動物がへばりついていて、そっちを見るのが楽しい。たまに人間もいるし。
最近は足元よりも遠くを楽しんでいる。

滞在予定の2倍以上いたカップルが昨日帰りました。イタリア人シェフにはまた来て下さいと7回ぐらい言い、スペイン人の彼女にはシェフと別れないでね。と強くテレパシーを送ってサヨナラしました。
料理好きのシェフが家にいるって毎日最高に幸せ。
その上、彼女はプロのマッサージ師さんで、これまた揉み揉みしてくれてダブル幸せ。できれば近所に住んで欲しいと心の底から願う。

現実は、2人はエジプトに住んでるのであります。遠っ。


[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-04-05 04:48 | スペイン生活 | Comments(0)

アルネディージョは温泉の町

d0202167_08080423.jpg

ここアルネドから車で15分ぐらいのところにアルネディージョという町があります。名前の意味は小さいアルネド。

アルネディージョは温泉が湧いていて、誰でもいつでも無料で入れる露天風呂は大人気。
だけど、問題は水温がぬるいこと。なので、わたしはいつも足湯をします。

この露天風呂も数年前までは5分も入ってられないぐらい熱いお湯だったとか。そのうちまた熱いお湯に戻って、お願い。そしたら、週に3回は行くのに。

もちろんアルネディージョには温泉ホテルもあって、今日はそこに日帰り入浴料金を確かめに行ってきました。そしたら、一部施設の利用料は17ユーロ。全部だと22ユーロという値段設定で、これじゃお風呂がわりにちょいちょい入りにこれないな。残念。ガクッ。ってなり、最後についでに年間利用料金を聞いたら、まさかの365ユーロでした。毎日1ユーロで温泉。
これに西くん目が輝いて、悪くないですね〜。と何度もつぶやいていました。

悪くはない。
でも、それならそのお金で家にバスタブつけて欲しい。
お湯のタンクもでっかいのに替えて欲しい。

日本人のわたしはそう思います。

週に3回温泉に行くより、毎日家でお風呂に入りたい。
d0202167_08080564.jpg

今日も少し雨が降ったけど、その後の空気の綺麗さがすごかった。カメラがいいのか?空気がいいのか?光がいいのか?わからないけど、眩しいぐらい明るい写真。
上のは、かまぼこ扉のバル。
ママさん曰く、この数年お客さんが激減して苦しいけど頑張っているお店。ドアは開けているけど、室内のテーブルと椅子は全部積み上げていて座れる状態じゃなく、潰れているのかと思った。
頑張っていると言うよりは、踏ん張っているバル。フンバル。




[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-04-01 07:41 | スペイン生活 | Comments(0)

カップル間の価値観問題

d0202167_20003991.jpg

エジプトから遊びに来てくれているお姉さんに、尊敬ってあなたにとって何?
と、突然聞かれた。

うーむ。。。

受け入れることかな。

と、答えたけど。。。
その後よく考えたら、受け入れようと努力することかな。と思った。

スペインお姉さんとイタリア人の彼にとっての尊敬の意味がかなり違うそうで、しんどそう。

その彼にとって、男女間の尊敬とは恋人関係または婚姻関係にある時は、他の異性と仲良くしないこと。だそうです。
これは、イタリアでは常識なんだそう。

それは、尊敬じゃなくて、思いやりの部類じゃないのか?と、わたしは思いますけど。

同じ尊敬という言葉を使ってても、意味がかなり違うこともある。という事に気がついた。
やっぱり文化、教育、モラルなどなど育ってきた環境が人に与える影響って大きい。

そして、ほとんどの人がわたしが正しいと思っている。わたしもそう思っている。
だけど、実はわたしって自分が思ってるほども正しくないかも。って最近思う。
こんな風に思う事も、スペインに来なかったらなかったから、これについてはゆっくりと時間をかけて考えていきたいと思います。

その後、西くんにあなたにとっての尊敬とは?
と聞いてみたら、
相手にとって良いことをすること。

え!!びっくり。

色々聞いてみるもんやなー。と思った。
うむむ。


[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-03-29 19:35 | スペイン生活 | Comments(0)

雪も降ったりする春

d0202167_07174694.jpg

雨降ったー。と思ったら、その2日後に雪が降った。
この辺りでいちばん高い山ISASAには雪が積もった。ここの春って、そんな感じらしい。
冬服は夏になるまで片付けてはいけない。と言うのがスペインの常識だそうです。
と言うことは衣替えがあるってことなのか?

土曜から日曜になる瞬間にサマータイムが始まった。この感じ、めちゃめちゃ久しぶりだ。高校生の時に間違って1時間早く登校して誰もいなくて、エー!!ってなったことを思い出した。
デイライトセイビングと言う名前はスペイン語ではないらしい。サマータイムともあんまり言わないらしい。
普通のこと過ぎて名前がないのか?
それに答えてくれる人は周りにはいない。

日本から持ってきたタニタの計りが出てきたのでパウンドケーキに再チャレンジ。前回より全体的に量が多くてしっかりとした生地ができた。計量って大切と実感した。
どちらにしても、また暖炉の具合がよくわからずちょっと焦げた。私が作って焦げない料理はあんまりない。
これがうちの常識。
d0202167_07174761.jpg

どちらの写真も雲の感じが凄いなー。と思って貼り付けました。本物の雲は写真の様ではなくて普通だった。これはカメラが見た空。

[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-03-28 06:58 | スペイン生活 | Comments(0)

この雨はよく効く雨だ

おととい、めちゃくちゃ久しぶりに雨が降りまして、わたしと西くん二人ではしゃぐ。

「この雨はいい。よく効く」
と訳のわからない日本語がとても正しい表現だった。


この雨で、草も木も花も畑も潤うね。

天気予報では日曜までずっと雨となってたけど、次の日からまた快晴。昨日も今日も。
砂漠ってほんまに雨降らへんみたい。

d0202167_01324809.jpg


この道は、アルネドとうちをつなぐ道。
横には小川が流れていて、鳥もリスもいるし環境よし。
いつもマラソンや散歩の人で夜遅くまで賑わっています。
この間は、変態もいた。
人が少ない時間帯は気をつけて変態から身を守りましょう。

[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-03-24 05:06 | スペイン生活 | Comments(0)

お祭り

d0202167_20262167.jpg


先週のこと

木曜の夜8時から日曜の夜までお祭りでした。
ホンモノの祭りは9月です。
そんときは祭りが1週間どかーんとあって、今回はミニ祭り。
ミニでも毎晩朝までイベント尽くし。
コンサートなんて、夜中の12時に始まります。

ただただ、すごい。
普段からあれだけ騒いで、まだ騒げるエネルギーがすごーい。

自分が異人種であることを改めて実感しました。

このエリアの文化だとは思うけど、ここの人達はお友達グループで事あるごとに集まって食事をする。
集まる場所もそれぞれのグループの誰かが所有している決まった場所。キッチン、トイレ付のガレージだったりする事が多い。もちろん何十人も座れるテーブルと椅子もある。
モデルルームみたいに綺麗にしてるところだと本気で住ませてもらいたくなるレベル。

西くんの友達グループのたまり場は、アルネドの岩を登ってったところにある小さな小屋で、その集まりの為だけに使ってるそうな。

そこで、日替わりで料理してみんなで食べる。毎日毎日。
こちらでは、食事とはランチのことで、2時ぐらいからぞろぞろ集まってきて3時過ぎに食べ始めて6時ぐらいまでうだうだ。

それから、闘牛見に行ったり屋台で遊んだりバル行ったりしてる間に夜中になってコンサートで踊りまくる。

本当にすごい。

朝方寝て、昼前に起きてまた友達と集合。。。食べる、うだうだ、牛、コンサート。。。繰り返し

こらは体力の問題もあるけれど、ずっと友達と一緒にいることがポイントで、わたしなんかできれば静かにひとりで。。。ですが、オトナもコドモも楽しそうにはしゃいでました。
さすがに最終日には声が出なくなってる人多数。

なんというか、みんな完全にハイになっている。それでないと無理よね。

スペイン一年生のわたしは、ランチ二回参加で精一杯でした。


友達グループとの食事文化は、バスクの美食グループと少し似てるなぁと思います。バスクの方は男性だけのグループなのでカタチは変わっているけど、近いだけになんとなく似た文化がある。
バスクのスポーツペロタも、この地域ではメジャーだ。

実際はバスクに入ったら海外だ!と思うほど街並みも自然も言葉もちがう。

そんなとこが面白いなあと思う。

[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-03-22 19:53 | スペイン生活 | Comments(0)

今日の空

d0202167_00434884.jpg

毎日快晴。
気持ち良いからこのお天気好き。
このままずっとこれでも良い。

という気持ちもある。

が、雨が降らないのはまずい。
植物が育たないし、泉の水も枯れかけている。
そして、遠くを眺めたらホコリで空気が真っ白だ。

うーん。
まずいですね。
水は生命の源だから。

畑のお手伝いをしたり、山の水を飲料水として生活していると、水不足が自分ごとになる。

山に雲がぶつかって雨が降らない地区。だそうですけど、10年前までは雨も雪もあったらしい。山が高くなったとか?

雨が降らない原因を調べて、対策とればいいのにな。と、わたしも人任せなんやけど。

[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-03-16 00:29 | スペイン生活 | Comments(0)

スマホについて

スペインの大都会ではiPhoneを持っていると怖い目に遭う確率が高くなります。
これは自分の経験でもわかっているし、友達がiPhone強盗に襲われて大怪我した事もあってスペインではiPhoneを持つ利点があまりないように感じます。
iPhone以外の品揃えが豊富でほとんどがiPhoneの半額ぐらい。

西くんが仕事のためにガラケーから初のスマホに変えることになり、vodafone(なつかし〜響き)のお姉さんとあーだこーだいいながら選んだのが"HUAWEI"
読みがわからない!
ふあうぇい?
H発音せずにアウェイ?

結論からいいますと、とっても使いやすい。イイネ!×100
スマホ初期のiPhone以外のクオリティーの低さを知ってるだけに、すっごい嬉しい気持ちでいっぱい。

ちなみに、昨年?サムスンのスマホのバッテリーが引火したかなんかで空港に寄っては荷物チェックの時にサムスンの人は届け出るシステムがあるのでやめました。
それがなければ、サムスンを買ってたと思う。

とにかく、iPhoneじゃなくても全然いいやん!ってハナシでした。




[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-03-12 17:03 | スペイン生活 | Comments(0)

みんなで週末ごはん

d0202167_10002184.jpg

土曜日、家族でうちに集まってお昼ご飯。
週末はパドレが男の料理を振舞ってくれます。

姪っ子達はパドレご飯は食べれないそうで、家からパスタ持参。

姪っ子はめちゃめちゃ可愛いけど、一緒にいると3分で疲れてしまう。それなのに、なぜか私は姪っ子ちゃんにすっごい好かれているようで、アーンして!!と、下の子はくっついてきます。

くぅ〜、かわいい。でも、つかれる。

みんなで、ギャーギャー騒ぎながらご飯を食べてからケーキ作りをすることに。

計りもなけりゃ、泡立て器もない。もちろん粉もふるえない。
ということで、全部目分量で作りました。
しかも、初めてのマニュアルオーブン。

お菓子作りでこんなにドキドキしたことはない。

そして。。。。予定時間より15分ぐらい早くにオーブンを開けて見たところ、真っ黒焦げになってましたとさ。



[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-03-12 09:41 | スペイン生活 | Comments(0)

何を食べるか問題

d0202167_21441137.jpg

わたしはアトピーが酷くなってから、食事に気をつけるようになりました。
お肉と乳製品をやめました。
正しくいうと、魚介類以外の動物性脂肪を摂るのをやめました。
もっと細かくいうと、人間の体温で固まる動物性脂肪を避けてます。
穀物、野菜、タンパク質の割合は5:3:1
植物油は米油か白ごま油をきちんと適量を摂るようにしました。

これで約1年半でかなりアトピーは改善し、このままずっとこの食事を続けていけばもう安心です。

ところが、人生そんなに思い通りには行かないでしょー。
ここ、アルネドにはもちろんのことリオハには日本の食材が手に入るお店はなーいー。
中国スーパーもなーいー。

という事で、基本①は守るものの完全にここの食事に切り替えました。
うちで育てた野菜とお魚、パン。
オリーブオイルも自家製です。最高に美味しいです。
あ、でもチーズはたまーに食べます。チーズばっかりで避けきれないっていうのもあります。

こちらの人の食生活を見て危険だと思うところはマネせずに良いところだけ取り入れるように心がけて。。。(こちらの人は、砂糖依存症の人が多い気がする)
調子とっても良いです。
もちろん食事以外にもストレスフリーのラクチン生活しているという要素も大きいとは思います。

ちなみに、スペインはかなり肉食の国ですが魚もいっぱい売ってます。それだけは本当に良かった〜。ラッキーだったと思う。
ただ、バルセロナに行ったときも感じたけれどビーガンとかベジタリアンがどこに行っても問題なく食事できるような環境は整っていないし(日本も同じか)、オーガニック野菜などもほとんど他の意識高い系ヨーロッパに輸出されてるとのことです。

わたしはアトピーじゃなければ、お肉も乳製品もオーガニックにも全く無関心だったと思うからスペインの現状は理解できます。皆、それなりに健康に暮らしてるって事なんだと思う。
だけども、お肉食べないのを否定されたり、肌に影響しないと言い切られると、ムッとする。
何も知らんくせにどの口が!とできない言葉で反撃しそうになる。
そういう時は、わたしのアトピーでぐちゃぐちゃの顔写真を見せることにしているけども、それもどうかと思い始めた。第一、恥ずかしいし。

わたしはお肉も乳製品も大好きだったし、食べても絶対に大丈夫な身体を手に入れたらいっぱい食べたい。でも、わたしのカラダにはダメなんだ。と気がついてしまった以上は食べないです。
迷惑をかけてしまって心苦しいときもあるけれど、自分のカラダのことに気がつけてよかったと思ってます。

これは、ある意味面倒くさいハナシです。
でも、大切なハナシです。
d0202167_21441214.jpg


[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-03-10 21:35 | スペイン生活 | Comments(0)

aiの日記


by tsubutsubu30
プロフィールを見る
画像一覧