<   2012年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ふたりの食事について

私たちの生活は、ちょっとだけ時間がずれています。アルくんが帰宅するのは毎晩9時半。
その時間まで私は用事やひとりの楽しみごとなどをしています。

なので、晩御飯を作り始めるのが早くても10時前、そして食事開始が10時半ごろという生活にもすっかり慣れました。
ちなみに、スペインではこれが普通みたいです。
すっかりスペイン仕様の私のお腹。しかし、さすがに朝ごはんは食べれない日も多くなりました。
「アルくんは朝ごはんは食べない。」と言ってますが、バナナ2、3本毎朝食べてます。
バナナを朝っぱらからペロッと何本も食べれるのもすごいし、それが朝食に値しないと思ってるあたり、やっぱり日本人じゃないな。と思います。

実は、うちのごはんの準備はすべてアルくんがやってくれます。
ありがたいです。
例えば、日々のごはんから私の朝ごはん、それ以外にも、私がひとりでいるときの食事や、東京行きの夜行バスに乗る前などもどっさりと食べ物を持たせてくれます。
とてもうれしいです。

もちろん、アルくんのレパートリーには和食はありませんので、私の胃もオリーブオイルに強くなり、どんなに脂っこいものを頂いても胸焼けで苦しむことも少なくなりました。
そんなアルくんの最近のお気に入り料理ベスト3は、ペンネアラビアータのようなものと、パスタアラビアータのようなものと、ヤキソバのようなものです。
1番と2番はペンネか、スパゲティーかの違いです。
どでーんと一品料理が出てくることが多く、私も十分満足し毎日おなかいっぱいです。

さて、3番目のヤキソバのようなもの。これにはタコや魚、きのこにワカメ、豆腐などなど面白いものがいっぱい入っています。そして、麺は2人前入っているのに、具が多すぎてほとんど見えません。味は塩です。
はっきり言います。
おいしいです。
でも、他人に見せるにはビジュアル的に恥ずかしいです。何と言うか。。。「お食事」というイメージよりかなり「餌」寄りだから。
でも、この感覚はスペイン人にはわからないようです。
私は、ごはんを作ってもらう身なので、そのようなネガティブなことは一切伝えないので、アルくんは、友達にもたまにこのような餌っぽいものを振舞っているようです。
ははは。

基本的に、どんなものでも文句を言える立場ではないとわきまえている私とアルくんはなんともうまく食事の問題を乗り越えている。と、思います。

ただ、完全に味覚、文化が違うな。と思うことは多々あります。例えば、アルくん、菓子パンは牛乳か豆乳に浸して食べます。スパゲティーの上にはモッツァレラをかぶせて(スパゲティーが隠れるくらいの量)そのまま(オーブンで焼いたりせずに)食べます。あと、甘すぎて何を食べてるんだかわからないような物を好んだり、日本のお菓子は甘さが足りない。と申しております。
粉ミルクに砂糖を混ぜ混ぜして育った人はやはり激甘党になるようで糖尿病になるんじゃないかと心配です。

さて、そんな二人ですが、先週の土曜日のブランチのお話です。
私はわざわざ朝から玄米を炊き、お漬物数種類と、お味噌汁のごはんにしました。
アルくんは、ホットケーキを焼き、ハニーたっぷりのを6枚くらい食べていました。
二人揃って別のものを食べることはすごく珍しいことです。
その時、お茶漬けを食べている私に向かってアルくん一言。
「きもちわるーい」

ええええええ????

日本人の私には何がどう気持ち悪いのか想像もできないし、ムッとしたのでつっこんで聞いてみると、液体の中にお米があることが気持ち悪いとのことでした。
そんなこと言ったら、パエリアだってかなりグジュグジュですし。。。

なんだかよくわからないけど、やっぱり男性って食事の許容範囲が狭いんだな。と、再確認した出来事でした。それは残念に思うけど、やっぱり女のほうがなんでも受け入れる能力にたけている気がします。

この話で終わったら愚痴っぽくなるので、いい話で〆ます。
一番、食事面でラクチンなことは私が一切期待されていないことです。
でも、私も本当はペンネアラビアータもヤキソバもちょちょちょちょちょいと作れます。
そんなこと、アルくんはまったく知りませんけどね。。
[PR]
by tsubutsubu30 | 2012-01-25 20:48 | 新宮生活 | Comments(2)

アジアご飯

d0202167_14265367.jpg

バンコクで数ヶ月一緒に住んでた友達が私が東京訪問したときにつくってくれた晩御飯。

タイのヤムバミー ヤムママー(訂正)
ーインスタントラーメンのサラダ

ベトナムの生春巻き

韓国のスンドゥブにトック(お餅)が入ったもの

お世辞抜きで美味しくて、久しぶりの再会もうれしくて、スイートチリソースの味もなつかしくて、いい晩御飯でした。韓国スープは今までの韓国スープのなかでいちばん美味しい!

食器は彼女がタイから持ち帰ったものです。わたしのタイ食器はまだ出番がなく、和歌山市の押入れと食器棚に眠っています。はやくタイの食器が使える生活がしたいなー。

ふたりで狭いキッチンで、あーだこーだ言いながら料理したり、とびきり美味しいコーヒーとオリエンタルホテルのクッキーなどの贅沢品を味わってキシシシと笑りあったりしたことが、バンコク生活後半の一番の思い出です。
[PR]
by tsubutsubu30 | 2012-01-21 14:26 | 幻メモ | Comments(0)

私のための原発メモ

と言う冊子(下にリンクあり)を借りて、原発のしくみなど、簡単で読みやすくまとめてくれています。
これを読めば、津波で福島原発がどうなったのかがなんとなくイメージできます。そして、イメージできる今、めちゃめちゃ怖い。

私だってまだ、先は長いし、子どもだって生むかもしれないし、妹も同じやし、もっと若い世代だっていっぱいこの狭い日本で生活しているのに。
本当に大丈夫なのか?

いいえ。大丈夫ではない。
少なくとも私の大丈夫基準からはもう外れてしまっている。
それに、新聞やニュースを見ていても、やっぱり大切なことがよくわからないこの現状。これは私がおバカだからだけではないと思う。

もしや、意図的にむずかしい言葉を使って人々の興味をそらす作戦なのかも。そしてそれにまんまと私ははまっていた。

でも、冊子を読んで、イメージできる今、自分で自分を守れることはやろうと思う。だって、赤ちゃんが三つ目で生まれてきたり、お尻が5つに割れてたら嫌やもん。

原発再稼働反対の署名したけども、物足りない。
もっとできることは、あるはず。探そう。

この冊子はネットでも読めるそうです。読んでみて!
↓クリック

「私のための原発メモ」By中山千夏
[PR]
by tsubutsubu30 | 2012-01-20 13:19 | 考え事 | Comments(0)

綺麗な肺

きのう、保健所で治療終了後半年のレントゲンを撮ってきました。
自分で言うのもなんですが、めちゃめちゃ綺麗な肺でした。

いつも、検診の三日前くらいからドキドキして肺が痛くなるけど、問題なし。と言われた瞬間に痛みを忘れる。
昨日は、嬉しくてルンルンでアルフォート買って帰りましたとさ。
[PR]
by tsubutsubu30 | 2012-01-19 19:54 | 身体 | Comments(2)

金のなる木

d0202167_13164692.jpg

こちら、ご近所のお店で花が満開の金のなる木。
花を咲かせることが難しいそうな。
ここのは、旅行に出かけた期間水やりをしていなかったら花が咲いたそう。
なんと!!

今日は1月17日、阪神淡路大震災から17年たちました。ジュウナナネンとは、こんな長さなんやなー。と、ちょっと長さをはかる基準にもなったりする。

神戸はすっかり甦っているし、東北もすぐに綺麗に整備されるんだろな。

先週の東京滞在で思ったことは、みんな普通に生活しているな。ってことです。
食料品などなど、汚染されている物、されていない物なんて自分ではわからないけど、引き続き、原産地をちゃんと見て選ぶようにしよう。と、思いました。

私は今、どうやって原発反対の活動をしようか考え中。個人レベルでできることは?
[PR]
by tsubutsubu30 | 2012-01-17 13:16 | 考え事 | Comments(0)

東京タワー

d0202167_14472098.jpg

バスから見た東京タワーは綺麗だったのに、この写真。。
[PR]
by tsubutsubu30 | 2012-01-15 14:47 | 幻メモ | Comments(0)

寒さ、そしてナプキンについて

新宮も寒い。
冬だもんね。

d0202167_22543057.jpg


今日は両親の家にいるときに使っていたタンスをやっとここに持ってきたので、冬服を全部袋から出してタンスに片付けた。ずっとやろうと思ってたこと、ひとつクリアーでちょっと気持ちが軽くなりました。

袋につめてた冬服を見て、やっぱりこの冬より前回の冬のほうが寒かったんやな。と思えるようなあったかグッズがいっぱいでてきた。ヒートテックのタイツいっぱいに、分厚い靴下いっぱい、ヒートテックのタートルネックの下着、などなど。
今、1月中旬のこの時点で腹巻と毛糸のパンツだけで大丈夫なのは私の身体が強くなったわけじゃなくてやっぱり気温が違うんだろな。

今日は三連休の真ん中の日なので比較的気持ちよく起きれました。そして、その勢いで那智山を散歩してきました。あまりにもいい天気で、すごくいい気分でした。

***女子の話をします。男子も興味のある方だけどーぞ。***

去年の9月から布ナプキンを使っています。無印の通販で購入して、あの台風後の断水のときに使い始めたのです!大馬鹿者!
水がないときは布ナプキンの使用はブーです。完全にブー。

私が布ナプキンにしようと思ったきっかけは、使い捨てのナプキンだと肌がかぶれるから。
色々リサーチして、布にしようと思ったわけなんですが、とにかく面倒くさがり屋の私に使用後の布を洗うことができるんだろうか?
無理やろ。
って、考えなくてもわかる結論だったので、布がいいかもな。と思ってから購入までに約半年。
でも、あまりにも肌の状態が悪かったので、一番お手ごろ価格だった無印のを購入。
これが、めっちゃ使い心地が良くて、ほんまに良くて、色んな人にお薦めしたいんだけども、こんな話あんまりしないからここでします。
ほんまにおすすめやで。

最近、布オムツで赤ちゃんを育てているお母さんが増えているそうですが、私も絶対そうする。って思ってます。だって、気持ちよさが全然違うもん。と言っても、赤子を生む予定はゼロです。

話はつづく。。。

布ナプキンは高い。買えないくらい高い。
と言うことで、その辺の布を買ってきて手作りしてみました!
2枚を重ねて大きい四角にして1辺を残して3つを縫い付けただけ。
使うときは、適当に折って使うのです。
めっちゃ簡単!
要するに、ナプキンなんて別に何でもいいんだな。って思いました。
いらないハンカチをナプキンにしたり、いらないネルシャツを切ってもいいし。
もし、洗うのが面倒なら、それを捨ててもいいわけやし。
ナプキンはナプキンでなくてはならない。という勝手な固定観念があったことに気づけて、しかも縫い物をしたり他の人の作品を見たり、それについて意見交換したりできたので、このトピック、自分のなかで結構面白かったです。
まだ、現在進行形でトイレに落ちないナプキン(今のは落ちた。。。)を手作りしようとしています。

面倒くさがり屋のくせに、やろうとしてることがでかすぎる。
と、自分につっこみながらやってます。
[PR]
by tsubutsubu30 | 2012-01-08 22:47 | 新宮生活 | Comments(4)

あけましておめでとうございます。

皆様、あけましておめでとうございます。
2012年になって、突然イイ気分になったのは私だけでしょうか?
今年はイイこといっぱいありそうってUちゃん(妹)に言ったら、イイこともワルイこともあるよ。
って普通に返されたけど、でも、やっぱり去年は震災続きでしんどかったし、それに比べたら。。。
って思ってしまうんですが。

どうなるにせよ、今年もどうぞよろしくお願いします。
ヒナちゃんも、三発屋さんも、KA2も、Oさんも、山子、やなPも、(そのほかにもここを見てくれてるひとがいれば、その)皆さんにとって思い出深い良い一年になるといいですね。


**年賀状について**
もうあれこれ10年以上年賀状を書いていません。なのでほとんど年賀状を貰うことがなかったのですが、今年は予想以上に年賀状を頂いて、とても嬉しかったのです。
私は一言挨拶を添える年賀状でなくて手紙みたいな文字だらけのクリスマスカードを送ることにしているのですが、元旦の朝から嬉しくなれる年賀状っていいんじゃないの!?って思ってしまいました。来年は年賀状にしようかなー。

で、話はそこじゃなくて、その年賀状の返事を書くために先ほど、新宮のメッカ、ジャスコ(本名イオン)に行ってまいりました。2階の文具コーナーで年賀状を探してたら、かわいいシールやらハンコやらがあったので、自分でハガキにデコすることに決めました。
シールコーナーで真剣に選んでたら、斜め下くらいから突然
「やっぱり、シールとか好きなん?」
って、小さいの女の子(保育園児か小1くらい?)に声かけられました。
「うん、好きなん。」
って、正直に答えましたが。。。
そのときは子どもに認められたような気分になってちょっと嬉しかったけど、よく考えたら複雑です。
そんな私も今年は32歳になる予定。やっぱり今年はイイこといっぱいありそうやーん。


**最近のアルくん**
は、日本語が達者になってきてぶつぶつ独り言も日本語です。
ジャスコのレジで、「あ、あと10円足りない・・・。」って小銭入れを覗きながらボソッと自分自身につぶやいて私をびっくりさせたと思ったら、「それはちがうです。」などと外人みたいな日本語を話しだしたりしますが、お正月3日間はずっと日本語でした。すごいなー。
ちなみに、久しぶりに会ったUちゃんに、
「もっと外人らしく"オー!!!"とか"オーマイガーッ!!"とか言いなさいよっ。」
と注意されていて面白かったです。
[PR]
by tsubutsubu30 | 2012-01-04 21:22 | 新宮生活 | Comments(0)

aiの日記


by tsubutsubu30
プロフィールを見る
画像一覧