<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

小さな街 "ARNEDO"

d0202167_08041354.jpg

西くんの地元であり、わたしたちが住んでいるアルネドについて少々。

ここは、田舎である。
ここでの田舎の定義は、いつでもどこでも知り合いだらけ。

人口は14800人(内外国人2325人)の小さい街です。最近、市役所で住民登録したときに聞いたばっかり。西くんが子どもの頃は12000人程だったそうなので、人口は増えている模様。
今現在、日本人は2人(わたしと修道女さん)だけで、修道女さんは修道院から外に出ない生活をされているので、道を歩いていても日本人に会う事はないし、世界中どこにでもいる中国人もあまりいません。
それなのに、外国人が2325人。
これは、この街が靴の街だからなのです。よ!

アルネドは日本でも有名なガイモや、ヨーロッパでは有名どころのフルチョスなどをはじめとする40社以上の靴の会社があります。なので、東欧や南米からの出稼ぎ労働者が多いってワケ。わたしのスペイン語クラスのクラスメイトもジョージアとウズベキスタンウクライナからの人たちです。

スペインは失業率が高いそう(すごい人ごとみたいな書き方ですが、わたしも無職)だけど、この街ではそんな印象はなく、みんなよく働いてます。
西くんの従姉妹は靴ブランド、友達は靴のパタナー、靴の中敷などなど靴に関わる会社を経営している人は多くいて、皆さんお金持ちそう。わたしの予想が合っていたら億万長者であろうと思われます。
もちろん、工場で雇われて働いている人のほうが多いし、どこの世界でも経営者が労働者の数を上回ることはないと思うけれど。
働き者だな〜。と思うのは、時間の使い方が日本とは違うってのも関係していると思うけれど経営者も労働者もとてもよく働いている印象を受けます。

仕事のあるところに人は集まるようで、赤ちゃんから若者、働き盛りの人たちからリタイヤしている人々まで、全部の世代が一緒にまぜまぜになっています。そこが日本の私が住んでいた田舎とは一番違うと感じます。

街の真ん中にプラサ(広場)があって、その周りを囲むようにピソ(マンション)がぎっしり建っていて、みんな密集して住んでいます。密集しているから街が小さく、外にでるといろんな人に会うし、朝から晩まで街は賑わっているというわけです。もちろん、バルの密集地帯もあるしね。

治安は良く、フラフラ歩いていても変な人につけられたりすることもないし、ドロボーの話も聞かない。
ここは、多分住みやすいんだと思う。
そんな街です。








[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-02-28 16:30 | スペイン生活

動物との暮らし

わたしが住んでいるおうちは、オレンジ瓦で煙突があって壁の色は白という、まさにこのバックの背景と同じであります。
ですがー、煙突の下にあるはずの暖炉が・・・ない。
この寒い時期に・・・ないんだ〜。

暖炉の話をするとちょっと長くなるけどね、しゃしゃしゃっとまとめるとね、この5、6年で暖炉のクオリティーがグーンとアップしたそうな。だけど、ここのおうちの暖炉は家に埋め込み式だったもんだから取り替えるのも大層で、あんまりあったかくないけどまぁまぁまぁ・・・。
と冬を越す事ウン十年。
西くんが日本から帰国してすぐに、あの暖炉を掘り起こして立派で暖かくなるやつに変えてくだされ!と西パパママからのご命令がありました。
暖炉より大切な用事を済ませながらも、トンカチで壁をドンドン壊してやっと昨日暖炉が室内からなくなったってわけ。
もちろん、既に次の暖炉もお店に見に行って二人であーでもないこーでもない。うーんうんうんうーん。といいながら決めたんですが、いつ届くのか?
これは誰にもわかりません。

それとは別に立派なガスストーブもあるんですが、ガス欠です。
何度つけても頼りない音して消えていく。その音がまたかなしー。ひゅー・・・ん。

そんな日に限って西くんは留守。
そんなもんですよね。

この家は小さな街の中心部から随分はずれていて、次の村との境目です。
この辺りはリタイアした人たちが趣味でやってる畑やその人たちの小さな別荘があるところなので、夜になったら真っ暗で近所には誰もいません。
西くんとわたしは、西パパのそんな趣味のおうちを借りて生活しているってわけです。
時期的にカリフラワーぐらいしかないみたいだけど、立派な畑があって、ニワトリが8羽。そして西くんの愛馬が1頭います。あ、ネコも1匹。
毎朝、ニワトリの卵を頂戴に上がるのがわたしの楽しみでもあります。

馬さんは西くんの帰郷に合わせ7年ぶりに帰宅しトレーニングを再開しました。今は体重70キロアップ(すげ〜)目指していっぱいご飯を食べさせているところです。といっても、しっかり食べたらしっかり出る(山盛り)から、70キロ増のゴールがわたしには見えません。がんばれ馬さん。
そして、そんな山盛りのバフーンを掃除するのもわたしの楽しみです。

ネコさんは、ここの子というよりは、たまにご飯を食べに帰ってくる。という感じです。
それでも、帰ってきたときには西くんと西パパにとっても可愛がられている、ネコに生まれてよかったなー。と話しかけたくなるようなタイプで、わたしは気が向いたら追いかけ回してあげています。それもたまの楽しみです。

今まで知らなかった楽しみがある田舎の生活も悪くないな。と思っている今日この頃。

d0202167_08061162.jpg





[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-02-24 09:25 | スペイン生活

戸惑っていることについてナドナド

まずは、ここで西くんがどれだけわたしを自然に助けてくれているかという事を書いておこうと思う。
役所に提出する書類やなんかを当然のごとく全部引き受けてくれる。ありがたい。めっちゃくちゃありがたい。心の底からムッチャムチャグラシアース。ついでにアイラブユー!と100回言っても足りないぐらいだ。
もちろん、スペイン語がわーかーらーんー!というのもあるけれど、それ以前に役所とかかしこまった物事が苦手だ。

でも、スペインの役所に同行してみると日本の役所がなんとまぁ機能的であることがわかった。
スペインの役所は、人によって言う事がまったく違う。
日本である程度スペインあるある予習はしてたつもりだったけど、まるでその通り。
引き継ぎとか、トレーニングとか会議とかないのか?と思ってしまうぐらい、みんな違う。
みんな違ってすばらしい!って、役所でも?

とにかく、簡単(そうに思えるよう)な事をするにも何週間もかかったり、一筋縄ではいきません。
でもわたしはそんな事では戸惑いません。なぜなら、西くんがやってくれるからー。
しかももっとすごいのは、日本だったら今すぐ上司よんでこーい!レベルの対応をされてもいつも通りのさわやか笑顔で対応する西くんよ。スペインで育ったらこんな仏さんのようになるんやな。と毎回思うのであります。

さて、わたしが自分ごととして戸惑っていること。。。
ざっくり言うと、全てに対して戸惑っている。というのが正直なところです。
もうちょっと言葉を探すと。。。カメラのピントがまだ合ってない感じ。そこに新しい環境、人、物があるのにこちらがまだピシッと合わせにいけてない感じ。
東の子が西に来てすぐにピシッと合う訳ないとはわかっているものの、早く合わせたい、合わせにいきたい。と思っているド・日本人のわたしがいるのも事実。
要は、もっとわかり合えたら快適になる(ほんまかな。。)という願望があるのだと思う。

それとは別に、毎日あ〜どうしようどうしよう・・・。となる事といえば、ドアの鍵の開け閉め。
ドアが悪いのか、鍵穴が悪いのか、わたしが悪いのか、全然開かない。
家も、ガレージも、どこもかしこも。
お日様が出てる時間帯はいいですけど、暗い時は特に、今夜家に入れなかったらどうしよう。とか、ガチャガチャやりすぎで不審者通報されたらどうしよう。。。とか、毎回真剣に考えてしまう。そのぐらいガチャガチャしないと開きません。
そして、極めつけは、室内から鍵を閉めるのにも鍵がいるという。。。。。入るのにも一苦労、入ってからも一苦労。

これは、うちだけなんかな?


[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-02-24 06:13 | スペイン生活

この感じ、初めて。

こちらに越してきて1ヶ月半、心配していたアトピーがすぐに落ち着いてホッとしている。
なんと言っても、今までの海外生活と飛び抜けて違うところはLINEのおかげで日本が近い。
あの日本での別れはなんだったんだ!泣かなくてよかった。と心から思う。
もうLINEがある限り本当の別れなんてないんじゃないの。悲しい別れなんかないんじゃないの。とさえ思う。
別れイコール自然消滅というカタチしかなくなるんじゃないの。と。

なんどもブログを書こうとしたけど、ひぃ〜ひぃ〜してないし、スペインに来て自分がどれだけラクになったかってことを実感しています。とても気持ちがラクです。そういや、昔はこんなんだったな。とか思い出す。
私がブログの名前をひぃ〜ひぃ〜日記に変更したのなんてつい1年ぐらい前だし、その時は今後私はどこにいても修行(苦行?)しているのが当たり前なんだとまじめに思ってた。それが、スペインに引っ越しただけで突然ラクチンになってしまった。理由を色々考えてはみたものの、口が裂けても日本が肌に合ってない(あ、書いてしもた)とは言いたくないし、そうじゃないと思いたい。
だって、日本好きやん。
とにかく、ブログの題名変えないことにはあかんと思って、普通な感じになってしまったけど本当の事を書く場を改めて作ってみました。

私がここで経験していることは、ここの文化でありここの人との付き合い方だから、スペインとひとくくりにするのはマズいと思うけれど、ここでの体験が私のスペイン体験になるわけだから良い事も悪い事も、あースペインってヤバい、すごい、楽しい、って思ってしまう。
そのうちもっと行動範囲が広くなったらもっと違うスペインも見たいし、また新しい経験をすることが楽しみです。
今のところはこの小さい街で日々できることをやっていこうと思ってます。

まとめますと、とにかくラクそして日本が近い。こんな海外生活初めて!

次回は。。でもやっぱり戸惑ってるかもしれないことについて書きます。



[PR]
by tsubutsubu30 | 2017-02-24 00:56 | スペイン生活

aiの日記


by tsubutsubu30
プロフィールを見る
画像一覧