2016年 06月 26日 ( 1 )

釜山でお客さん

釜山は二回目だった。
海も山もある都会で、私にとっては理想的な場所です。
人々も日本人ほど賢まった感じもなく、良い意味で気楽である。しかも、釜山人がずっと一緒にいてくれるものだからなんの不自由もない。

今回は結婚式にまで参加させてもらった。韓国の結婚式はタイに近い。かなり、カジュアルである。全然関係ない私が普段着で乗り込んでも目立たない。みんな普通。服装も、ボロボロでなかったら何でも良さそう。
週末の駅前ででっかい紙袋下げてるいかにも結婚式帰りのキラキラしたお姉さん方は韓国にはいない。
キラキラしてるのは、花嫁さんだけ。

式では、誓いの言葉みたいなのは自分が昔お世話になった先生がいわゆる日本での牧師さん代わりになってやるのが普通だそう。
本物の牧師さんを呼ぼうものなら、この人は人間関係を築くのが下手な可哀想な人なんだ。という目で見られるそうです。
その先生は、式では出ずっぱりで大変な大役です。先生ってつくづく大変な仕事や。と考えるだけでブルッとなったけど、MC兼牧師って、いわゆる先生の仕事と被っていてお願いするには適任かな。と思いました。

新郎は突然サランヘーサランヘーとカラオケを始め、新婦はただただおとなしく西の国の人なんかが見たらこのお嫁さん幸せじゃないんじゃないんじゃないか!?と、心配しそうなほどでした。でも、これは日本と同じく、静かに幸せを噛み締めてる感じだったと同じ東アジア人として分析しました。
日本も韓国もやっぱり人の前で感情的にならない文化なのでしょう。でも、私もおばちゃんになったからか、幸せな時は幸せを我慢しないで笑う方が素敵だと思います。

あと、釜山では何処もかしこもでっかい車ばかりだった。イメージで言うと社長の車ばっかり。
色も黒か白の二種類で、どれもピカピカ光ってました。釜山人に聞くと、男は軽ではダサい。という考え方なんだそうです。
でも、だからと言って軽なんてほとんど見なかったから、女も同じなのかな。

ちなみに、今朝、釜山人ママの素晴らしい朝食をいただいてるとき、そこのママに
日本車に乗りたいんだけど、トヨタってどうなの?
と聞かれ、日本で一番大きい会社です。と、言ってしまった。。
言える事がなさ過ぎて自分を蹴りたい気分になりました。。。

巷では、鼻を整形していて不自然な人が多かった事が気になりました。気がつかない素振りをした方がいいのか、あぁ、素敵になりましたね!元は知らんけど!みたいな反応の方がいいのかよくわからなくて、でも、不自然な物にはやっぱり目がいってしまって鼻ばっかり見てた。
釜山人が言うには、鼻の手術の後は1ヶ月ほど顔じゅう腫れて外に出れないので、そゆときはカボチャを一生懸命食べるといいんだって!カボチャが炎症を抑えるそうです。
この情報、必要ないのに頭にこびりついてしまった。

あとは、たったの二泊三日だったのに、怒ってる人をよく見かけた。
あれ?東アジア人!?
待つことにイラついてる人が多かった。
全体的にせっかちなんだと思う。まぁ、日本も同じか。でも、日本人はもうちょっと静かに怒ると思う。
それはそれで、怖いけど。

まとめますと、釜山は日本より緩くて、タイよりは締まってる。そんな感じ。
日本よりはタイ寄りで、アジアの楽しい感じがあって好きです。

半年に一回ぐらいのペースで行けると最高。そんな場所です。





[PR]
by tsubutsubu30 | 2016-06-26 21:20 | 旅行